2016年09月24日

男女の勘違い・・・

<<広告>>
【セフレ自然増殖】
セックス大好きな肉食系女子のみをターゲットにしたセフレ構築術
【半年以内に5人の女性とSEXできなければ全額返金】




多くの女の子が





自分がイケないばかりに心に傷を負っていたり




彼のためにイケる体になろうと




必死で努力している




ことを知ってください!!

こちらです!!









当ブログへようこそ、非常に低俗なタイトルがついてますが(笑)
本人は至って真面目です。

このブログはある情報商材の(前文の)紹介のみを扱っています。たったそれだけのブログです。

だから興味がなければ即ページ閉じてくださいね。

いくらほじくってもそれ以上の情報出てこないんで(笑)

こちらです!!


ちょっと読みづらかもしれませんが、よく読んでみると、

書いてある文章には非常に重要な見解が含まれていると思います。




つまり男が悩んでいることを女は気づかず、 


 また女が悩んでいることを男も気づいていない





ということなのです。





正直こちら見るまで

(このブログと一緒でタイトルは何かアヤシイのですが(笑))、

女の子が








自分がイケないばかりに心に傷を負っていたり




彼のためにイケる体になろうと必死で努力している









ことをはじめて知った男性、

逆に男が








彼女をイカせられないって悩んでいたり




ちょっとでもモノを大きくしたい(女の子に馬鹿にされないために)









と日々悩んでいることにはじめて気づいた女性、

実は多いんではないかと思います。





男の僕は、女の子の願望として








何番目かの女でも(週一でしか会えなくても)


イイ男の女になったほうが、


フツーの男一人を独占するよりも幸せだわ









というのがあると初めて聞いたとき、

目が醒めるような(今までの女性への見方が一新するような)感覚に襲われました。


(潜在的に女性にはこんな欲求がある方もいる、ということです。

ただボクの見解では(実際に強い実現願望がある、とまで行かなければ)

8割以上の女性が「あ〜そうかもね〜」と首を縦に振ります)



ボクも今でこそ、男女の思考回路の違い

(つまり生活、人生においての優先順位のつけ方の違い)

について、多少なりとも知識がつき、

それについて考えるコトも出来るようになりましたが、



数年前にボクがこんな事書いてある本とか記事読んだら






まじで??






ってなってます、間違いなく。





でも真実であり、この事実は男女間の本質をついていると思います。


つまり







あなたのパートナーが今



本能(潜在意識下には少なからず確かに存在している願望)



に反して、あなたと一緒にいてくれていることに気づき



今よりもっと相手に敬意を払うべき








なのです。



ボクは

「浮気は男の本能!」

なのかどうか知りませんが、

男は




「自分の生活圏で接する機会のある女の中で、

 自分の中のいい女基準をクリアし、

 条件を満たす女を全て自分のものにしたい」




と少なからず思ってます。

たぶん。

自分がいいなーと思う女の子が、

他の男にくっついてたり、他の男の言うことには素直に従ってる姿見たりしたら、

全然カンケーないのに、




すげー腹立ちます




可能ならば「いい女は全て手に入れたい」、これが男の深層心理に潜む

基本願望なのです。

だからどんなにかわいい彼女が出来ても、

彼女のあなたが一生懸命に毎日キレイにかわいくしていても、

またあなたと仲良く手を繋いで街を歩いている時でも、




ものすごいキレイな娘が視野にはいったらものすごい勢いでLOCK ON してしまいます(笑)




逆に女性の場合は、可能ならば

「とにかくいい男の女になりたい、大事にされたい、抱かれたい」




というのが基本願望になるのです。


別に1番である必要はありません。また何人も必要なわけではありません。

たった一人いれば十分なのです、ここらへんが最大のポイントです。



つまり何人も男がいて、お金を貢いでくれる男、いろんな所に連れて行ってくれる男、体の関係を満たしてくれる男・・・




そんな女の人は、例外なくどの男にも満足していません!!




だからいい男が一人モノに出来たら、あっさり全ての男を切りますし、切れます。


逆に言えば、ハマるほどの魅力がない男達ばかりを回りにおけば、何股でもオッケーなのです。


この事を理解して、意図的にそうしている(ハマりそうな魅力的な男はあえてはずして何股もかけ、男を手玉にとっている)女の子がいたとしたら・・・


ボクは正直興味ありますね(笑)


一見悪い女に見えて、

でもきっとすごくキレイで、頭も切れて、寂しがりやで、

そして人一倍、あなたがいれば、他に何もいらないっていうたった一人の

「白馬の王子様」を心から待っているような娘ではないかと。



今言ったような男女の基本願望を、本能とするならば・・・



自分では子供を身ごもれないので、自分の遺伝子を残すため、




なるべくたくさんの優秀なメスと関係を持とうとする




そして、男性の生殖可能期間(ひょっとしたら死ぬ直前まで?)に比べ、


短い出産適齢期及び一年近い哺乳類特有の長い妊娠期間を持つため、




出来るだけ優秀なオスの遺伝子を求めようとする




僕は、この考え方を非常に支持しています。


それは(現時点では)、これをベースに男女間の違いを考える時、納得できる事柄が非常に多かったからです。


何か考えに行き詰った時には、必ずこれを思い出すようにしています。




話を戻して、世の中の男性は、






女の子が、本能に反してあなたと一緒にいてくれること、



一番と立ててくれていることに対して



もっと敬意を払うべきなんです!!







女性の方の中には、


男がHなのは、AVを見たりするのはしょーがない、


本当は出来ればやめてほしいけど、でもそういうものかな・・・


と(半ば諦めて?)認識してくださっている方も非常に多くいらっしゃると思います。



この逆でいえば、

女がいい男に一度でいいから抱かれたいと思うこと、またはそうすること

も男は我慢せねばなりません。




「我慢って、じゃあ他の男とヤるのを認めろ!ってのか!!?」




はい、そう思った男性は、男の思考回路で物事を考えております。


抱く=エッチする  これが男の思考回路です、いえこれで正常なんです。



実は




抱かれる=エッチする、もしくは抱擁される



これが女性的な認識です。





「あこがれの異性と一度だけエッチ出来るチケット」


俺欲しいですねー(笑)でも女の子も欲しい人たくさんいると思います。


一方

「あこがれの異性と一度だけ10秒間抱き合えるチケット」


これ、さっきと比べると、男からみれば物足りなさ感は否めません。

まあでもやっぱ欲しいかな(笑)




しかし女性にとっては




同等、もしくは現実的にあるとすれば



それ以上の価値があるんじゃないでしょうか?




もし10秒でなくて1分間とかなら、男が「一度だけエッチ出来るチケット」を欲しがるよりも



下手したら人気が出るんじゃないでしょうか?



オークションで競ったとしたら、いい勝負になるとボクは思ってます。


男性諸君、ここ重要ですよ




女の子はHしなくても、十分すぎるほど




幸せを感じ、満たされるスイッチ
があるのです。






・・・Hビデオを自由に見ることを許してくれる彼女。

あなたはわずか10秒間の他の男からの抱擁、許してやれますか?



「えー、でもやっぱそれは無理!!」て思ったあなた。



今よりもう少し彼女を大事にしてあげましょうね。


すれ違うエスカレーターにかわいい子がいても断固我慢しましょう(笑)


まあでも僕もつい見てしまいますから(笑)、その時は「悪いことしたな〜」

って。

もし彼女にそれについて責められたら、素直に謝りましょう。


女性に(男性も考えて下さいね)質問です。

「ごめん!つい目がいっちゃった!」と謝る行動、


もしくはそれをキチンと悪いな、と思ってくれる男、


「通り過ぎるまで」といって、しばらくあなたの目を見つめ続ける(笑)


あなたはこうされるのは嫌ですか、それとも逆に愛を感じますか?






あなたのために本能を我慢してくれている姿






性別を問わず、そんな相手を愛おしいと思うのもまた、本能なんですかね。


もしもこの記事の内容に対して、「これは!」と思った女性のあなた、


この文章をコピぺでもして、彼氏に読まして見て下さい(笑)



今よりもハッピーになれるかもしれませんよ。





お互いの本能、欲求を認めることで、


より幸せに近づけると思ってます





長文にお付き合いいただきまして、ありがとうございましたm(__)m!




広告
【セフレ自然増殖】
セックス大好きな肉食系女子のみをターゲットにしたセフレ構築術
【半年以内に5人の女性とSEXできなければ全額返金】
posted by chiyu at 23:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。